子供の成長には、

タネも仕掛けもある。

マジックで培う、
一生モノの
ロジカルシンキングと
コミュニケーション力。

ロジカルシンキングが

身につくワケ

マジックのゴールは言うまでもなく、
とびっきりの

「サプライズ」です。

マジシャンは、そのゴール(結果)を生み出すまでの逆算を、まるで呼吸をするように自然に行います。順序の設計はもちろん、使う道具とそのセッティング方法はどうするか。必要なスキルを判断し、足りなければどう習得するか。観客との掛け合いの内容と適切なタイミングはどこか。それはまるで、ゴールへの道筋を埋めるパズルのよう。1つでもピースが欠けていたらゴールにはたどり着けません。「サプライズ」を提供して、観客を笑顔にしたい!そんな自発的な欲求に従ってマジックに取り組んでいるうちに、自然とロジカルに思考する能力が養われるのです。

「ロジカルシンキング」ってなに?

マジックのゴールは言うまでもなく、とびっきりの「サプライズ」です。マジシャンは、そのゴール(結果)を生み出すまでの逆算を、まるで呼吸をするように自然に行います。順序の設計はもちろん、必要な道具とそのセッティング方法はどうするか。求められるスキルを判断し、足りなければどう習得するか。観客との掛け合いの内容と適切なタイミングどこか。それはまるで、ゴールへの道筋を埋めるパズルのよう。1つでもピースが欠けていたらゴールにはたどり着けません。「サプライズ」を提供して、観客を笑顔にしたい!そんな自発的な欲求に従ってマジックに取り組んでいるうちに、自然とロジカルに思考する能力が養われるのです。

コミュニケーション力が

身につくワケ

「サプライズ」に
導くためにもう1つ重要なのが、

観客の誘導。

またたく間に人の意識を惹きつけ、
最後まで心を掴んで離さない
動作、表情、声色、会話のテンポ。

マジックは極上のエンターテインメントであると同時に、観客との究極のコミュニケーションでもあります。

だから、自然と人と接する力や話す力が身につけられるのです。
同時に、マジックを披露する経験を通じて、物怖じや緊張をせず、人前で堂々と話す自信も養えます。

「コミュニケーション力」ってどう役立つの?

コミュニケーション力を起点に生み出される「社会に適応するために必要な能力」を、ソーシャルスキルと呼びます。日本ではまだ聞き馴染みの無い言葉ですが、海外では就職などにおいて非常に重要なスキルと認識されています。その基盤となるコミュニケーション力の重要性は、近年ますます高まっています。

無料体験会開催中!